メニュー
  • 三菱ケミカルホールディングス
  • 関西熱化学グループ
  • 三菱グループ

お知らせ一覧

技術レポート・機器紹介3件の公開(7月度)

分析
技術レポート
2016/07/31

以下3件の技術レポートおよび機器紹介を7月度分として公開いたします。

小形チャンバー法による材料からの揮発性有機化合物(VOC)放散試験 (住空間評価のページ内)
公定法(JIS A1901)に基づく建築材料から空気中に放散する揮発性有機化合物(VOC)、ホルムアルデヒド及びカルボニル化合物を測定する方法です。樹脂製玩具の測定結果もお示ししています。

水銀ポロシメーターの機器・測定例紹介 (活性炭評価のページ内)
細孔分布測定装置です。ガス吸着を用いるBET法等(1~数百nm)に比べ,より大きな細孔直径(3nm~500μm)の細孔分布を測定します。水銀と反応しなければ,様々な粉末 ・ 顆粒 ・ペレット ・ 成型物 ・ 焼結体の測定が可能です。

ICP-MS/MSによる金属元素測定例 (元素分析のページ内)
Agilent technologies社新製品のICP-MS/MS 装置 Agilent8800を用いた測定をご紹介しています。シングルMSの装置と異なり,MS/MS機能により妨害干渉イオンを除去することや,1段目・2段目のMSの間に設置されたコリジョンセルにて分析対象イオンを酸化物へ変換し妨害の無い質量数で測定を行うことができ,汚水などの試料,産業廃棄物試料,生体試料中の金属元素分析で信頼性の高い測定結果をご提供できます。

今後も引き続き毎月複数の技術レポート・機器紹介を行う予定としております。ご依頼をお待ちしております。