メニュー
  • 三菱ケミカルホールディングス
  • 関西熱化学グループ
  • 三菱グループ

熱分析・安全性評価

熱分析・安全性評価

熱分析は、温度変化に伴う物理的、化学的、機械的変化を捉える手法であり、あらゆる材料の研究開発分野で活用されています。

TG-DTA法(熱重量・示差熱分析)

固体(粉末・粒状・フィルム状) 及び液体試料の温度変化に伴っておこる重量変化により、試料の脱水、蒸発、熱分解などを測定すると同時に、基準物質との温度差(発熱、吸熱)により、融解発火、転移などを測定することができます。
装置スペック
測定温度範囲 室温~900℃
測定雰囲気 Air(空気),N2(窒素)
試料量 10~40mg
昇温速度 MAX30℃/min
分析事例
■粉末活性炭の発火点測定
■天然ゴム中のカーボンブラックの定量
天然ゴムのTG-DTA曲線
天然ゴムのTG-DTA曲線
TG-DTA装置
TG-DTA装置

お問い合わせ